身近にいるかもしれないうつ病やサイコパス|知っておくメンタルヘルス

心の健康の重要性と疾患

メンタルヘルスとは、直訳すると心の健康となりますが、他にも心の衛生や精神的な健康等と表現される事も有り、精神面に疲労を重ねている際や負担、悩み等に対しての緩和や軽減あるいは対策等の心の状態の回復や不具合に陥る前に対策する事を目的として場面で用いられる事が多く又、単に精神障害の一つしてでは無く、WHO世界保険機構や国内でも基本的人権として保証されており、メンタルヘルスの維持や向上は自由な精神活動の元で重要とされ、場合によっては健康状態を保つ事を義務だとしています。
メンタルヘルスに不具合を起こす事で起こり易いとされるのが国内でも罹患者が増加傾向にあるとされるうつ病であり、何かしらの精神疾患を抱える方は全体で320万人程いるとされ、その内うつ病が生じている方は95万人近くいるとされ全体の1/3を占める割合であり、起こる原因が明確にはなっておらず原因として考えられているのが、遺伝的な要因が半分、残りの半分を当人の環境要因や身体的な要因としており、殆どの方が単一のものを要因とせず、上述した事が複雑に絡み合う事で精神状態に変調を来すとされています。
現在、うつ病の治療は可能とされており、上記で記載の様に原因が究明されていないものの、モノアミン仮説という神経物質の欠乏等により起こるという説が有力視され、実際に医療として用いられる医薬品はこの説に基づいて不足した物質を補う作用を持つものとなり、薬剤療法や非薬剤療法はもちろん有効となりますが、当人が無理をせず周囲や家族の協力を得て十分な休養を取る事も大切な治療だと言われています。
国内ではその他にも多くの精神障害がありますが、国内では非常に稀とされますがサイコパスという反社会的人格を持つ精神病質者を指す疾患も有り、北米等ではその罹患者は多く、身近に潜んでいる危険な人物とされており、分かっている事はサイコパスは危険であるという事と健常者との脳波が異なる等の事位となり現在の医学でも治療が出来ないとしており、サイコパスの被害に遭わない様に個人が対策の知識を身につけなければならない状態となります。
心の不具合は上述した様に多くの事が明確にはなっておらず、治療出来るものから困難とされるものまで非常に多くが有り、突然に起こる事も有るので日々の生活で心の健康保持は重要な事となります。